RSS|archives|admin

縫殿宮

2013.11.23 Sat
ぬいどのぐう
縫殿宮

★所在地
福岡県福津市勝浦(新原・奴山地区一帯)

<新原・奴山古墳群(国指定)>
福津市には北から勝浦、新原・奴山(しんばる・ぬやま)、生家(ゆくえ)、大石、須多田(すだた)に5~6世紀にかけて作られた古墳群があります。これらの古墳群は古代の有力豪族「宗像君(むなかたのきみ)」一族の墓と考えられ、学術的にも重要です。中でも新原・奴山古墳群は5基の前方後円墳をはじめとして41基の古墳が畑の中に分布しており、比較的見学しやすい古墳群です。調査された古墳からは、鉄の鎧や、鉄を作る道具、飾りがつけられた土器などの貴重な資料が出土しています。21号墳の墳丘上には県指定文化財の「新原の百塔板碑(しんばるのひゃくとういたび)」があります。玄武岩でつくられた供養塔で、平家追善のためとも元寇の蒙古兵供養のためともいわれており、硬い石に線彫りで仏像などが描かれています。

201311230832.jpg

201311230833.jpg

201311230838.jpg

201311230841.jpg

201311230842.jpg

201311230844.jpg

201311230845.jpg

201311230846.jpg

201311230847.jpg

201311230848.jpg

201311230849.jpg

201311230850.jpg

★22号墳
古墳群中最大の全長80mの帆立貝式前方後円墳。古墳の周りに周溝と周堤が巡る。5世紀後半。古墳の上に縫殿社が祀られている。鳥居が国道495号線からも見えます。

Theme:旅日記 | Genre:旅行 |
Category:福津市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

楯崎神社

2013.11.23 Sat
楯崎神社/たてさき神社

東郷神社のある大峰山自然公園へ続く道の途中に鎮座。

★所在地
福岡県福津市大字渡字御園975

★御祭神
・大己貴神
・少彦名神
・綿津見神
☆相殿
・飛龍権現(神功皇后)

★御由緒
大楯崎神社縁起(文化14年)によれば、異賊が来たので、大己貴神と宗像姫大神が神軍を率いて、神霊の威光を振るい楯を立て鼓を鳴らして外敵を防いだ。楯崎、唐船、御手洗瀑布、五色浜、楢の葉浜の名はこれより起こったと云う。宗像社記によれば、一説には神功皇后が三韓より帰られ船が着いた所を京泊といい、楯を蔵め置かれた地を楯崎山と云う。楯崎山三所大権現略記(享保15年)によれば、桓武天皇(781~807)の御代に、最澄(伝教大師)が薬師・彌陀・観音の三仏を木に刻み三所大権現の御本尊とし、講堂を建てて「楯崎寺」とし、宗像大宮司清氏から氏貞79代に至るまで祭り事が行われた。2町歩の神田も与えられたが、豊臣関白が来た時(天正15年)、神田を没収され、以後寺は衰退の一途をたどった。元禄年間(1688~1703)に寺の廃絶を嘆き、一祠を建て再び祭祀を行うようになり「楯崎権現社」として、明治5年、村社になるまで続いた。昭和28年6月の豪雨で、薬師神社のすぐ手前の平地にあった神社が傾いたので、現在地に再建した。御利益は、神功皇后が三韓から帰られた時、平和を祈願するため楯と弦を切った弓を納められたことから、幼児のヒキツケ病除けの神様として昔から信仰が篤い。今でも弦のない弓を持ってお参りする。

201311230804.jpg

201311230805.jpg

201311230806.jpg

201311230807.jpg

201311230808.jpg

201311230809.jpg

201311230811.jpg

境内右手に奥の院への参道入口があり、奥の院までの途中に薬師神社、そして奥の院には不動明王がを祀られている。

Theme:旅日記 | Genre:旅行 |
Category:福津市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

東郷神社

2013.11.23 Sat
福津市の北西部の海沿いにある大峰山(標高114m)の山頂。

★所在地
福岡県福津市渡1815-1

★御祭神
・東郷平八郎命
日露戦争時、日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破り講和のきっかけを作った元帥海軍大将。

★御由緒
生前の東郷との親交もあり、東郷の偉業に感銘した宗像郡津屋崎町(福津市の前身)出身の獣医師安部正弘の提唱によって1922年(大正11年)に計画され、1971年(昭和46年)5月に創建された。

201311230722.jpg


201311230723.jpg


201311230724.jpg


201311230725.jpg


201311230726.jpg

201311230728.jpg


201311230729.jpg


201311230730.jpg


201311230731.jpg


201311230732.jpg


201311230733.jpg

<彦六神社>
201311230735.jpg


201311230736.jpg


201311230737.jpg

<大峰山自然公園>
201311230743.jpg

<日本海海戦紀念碑>
201311230745.jpg


201311230749.jpg

東郷が英語が得意だったことにちなみ、この神社のおみくじは表は日本語・裏は英語で書かれている。境内の宝物館前には戦艦「三笠」の主砲の先端や弾が展示されている。宝物館は入場料100円で、館内には「三笠」の模型や東郷の書簡、傷痍軍人に贈られた杖や勲章などが展示されている。
日本海海戦が行われた日である5月27日(旧海軍記念日)には春季大祭が、東郷の誕生日である12月22日には元帥誕生祭が行われる。
神社の周辺は東郷公園(大峰山自然公園)として整備され、日本海海戦の戦場である玄界灘を眺めることができる。また、大峰山の山頂には戦艦三笠の艦橋を模した日本海海戦紀念碑が建っており、側面には東郷の有名な台詞「皇国興廢在此一戦各員一層奮勵努力(皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ。)」の文字が彫られた銅版が貼ってある。


Theme:旅日記 | Genre:旅行 |
Category:福津市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

宮地嶽神社

2013.04.28 Sun
みやじだけじんじゃ
【宮地嶽神社】
別表神社。商売の神様として信仰を集め、参拝客は年間250万人以上で福岡県では太宰府天満宮に次ぐ多さを誇っています。存在感を放つ「大注連縄」は、長さ11m・重さ約3tで日本一です。神社の参道には多くの土産店が立ち並んでおり、商売繁昌にちなんで招き猫やダルマを販売している店が多い。また「松ヶ枝餅」が売られている。餅の表面には宮地嶽神社の神紋・三階松紋がある。その他、毎月末の深夜0時(明けて1日)には「朔日参り」と呼ばれるものが行われており、多くの参拝客が深夜にも関わらず詰め掛ける。そのため多くの出店が出店しており飲食店も開店する。

*所在地
福岡県福津市宮司元町7-1

*御祭神
おきながたらしひめのみこと=じんぐうこうごう
・息長足比売命=神功皇后
かつむらのおおかみ
・勝村大神
かつよりのおおかみ
・勝頼大神

*御由緒
ご創建は、約1600年前。当社のご祭神「息長足比売命」は第14代仲哀天皇の后で応神天皇の母君にあたられます。 古事記、日本書紀等では渡韓の折、この地に滞在され、宮地嶽山頂より大海原を臨みて祭壇を設け、天神地祇(てんしんちぎ)を祀り「天命をほう奉じてかの地に渡らん。希(ねがわ)くば開運をた垂れ給え」と祈願され船出したとあります。その後、神功皇后のご功績をたたえ主祭神として奉斎し、随従の勝村・勝頼大神を併せ、「宮地嶽三柱大神(みやじだけみはしらおおかみ)」としてお祀りしました。 以来、宮地嶽三柱大神のご加護のもとで事に当たれば、どのような願いもかなうとして「何事にも打ち勝つ開運の神」として多くの方に信仰されるようになりました。 当社は、全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮です。

公式ホームページ

201304281405.jpg

201304281409.jpg

201304281410.jpg

201304281412.jpg

201304281415.jpg

201304281418.jpg

201304281425.jpg

201304281429.jpg

◆現在の境内は祭壇を設けたとされる宮地岳の山腹に位置する。また、宮地岳山頂には宮地嶽古宮の祠、日の出参拝所がある。

◆宮地嶽神社内には「奥の宮八社」と呼ばれる社が祀られている。「一社一社をお参りすれば大願がかなう」といわれ、昔から多くの人が訪れている。その起源は日本最大級の石室古墳発掘を機に不動神社(史跡)を奉祀したことによる。
第1番・七福神社
第2番・稲荷神社
第3番・不動神社
第4番・万地蔵尊
第5番・恋の宮(濡髪大明神・淡島神社)
第6番・三宝荒神
第7番・水神社
第8番・薬師神社

◆本殿の裏手100mほどの所に宮地嶽古墳(宮地岳とも)がある。奥の宮、古くは岩屋または不動窟とも呼ばれてきた。本古墳の出土品一括は国宝に指定され、九州国立博物館に寄託されている。

Theme:神社仏閣 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福津市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |