FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

赤間神宮

2015.12.19 Sat
あかまじんぐう
【赤間神宮】
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀る。江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていた。平家一門を祀る塚があることでも有名であり、『耳なし芳一』の舞台でもある。

*所在地
山口県下関市阿弥陀寺町4-1

*御祭神
あんとくてんのう
・安徳天皇

*御由緒
文治元年(1185)の壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇の遺体は現場付近では発見できなかったが、赤間関(下関)に建久2年(1191)、勅命により御影堂が建立され、建礼門院ゆかりの尼を奉仕させたのが始まりである。以後、勅願寺として崇敬を受けた。明治の神仏分離により阿弥陀寺は廃され、神社となって「天皇社」と改称した。また、歴代天皇陵の治定の終了後、安徳天皇陵は多くの伝承地の中からこの安徳天皇社の境内が明治22年7月25日、「擬陵」として公式に治定された。天皇社は明治8年10月7日、赤間宮に改称し、官幣中社に列格した。昭和15年8月1日、官幣大社に昇格し赤間神宮に改称した。大東亜戦争により社殿を焼失し、昭和40年4月に新社殿が竣工した。

公式ホームページ

267512191610.jpg

267512191611.jpg

267512191613.jpg

267512191614.jpg

267512191615.jpg

267512191616.jpg

267512191617.jpg


スポンサーサイト
Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:下関市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

赤間神宮

2014.06.01 Sun
あかまじんぐう
赤間神宮
旧社格は官幣大社。壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀る。江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていた。平家一門を祀る塚があることでも有名であり、「耳なし芳一」の舞台でもある。

★所在地
山口県下関市阿弥陀寺町4-1

★御祭神
あんとくてんのう
・安徳天皇

★御由緒
今を去る八〇〇年の昔、源平最後の合戦に安徳天皇は御歳僅か八才をもって平家一門と共に壇之浦に崩じ給うや 赤間関紅石山麓阿弥陀寺境内に奉葬し 建久二年 朝廷は長門国に勅して御陵上に御影堂を建立せしめ給い 建礼門院御乳母の女 少将の局命阿尼をして奉侍の上、勅願寺として永く天皇の御冥福を祈らしめ給う、朝廷の尊崇きわめて篤く文人墨客の参拝亦枚挙にいとまなし。
明治維新に至るや阿弥陀寺を廃し 御影堂を改めて天皇社と称せられ 明治八年十月七日勅命をもって官幣中社に列し、地名に依り社号を赤間宮と定め給い、社殿を造営せしめらる。昭和十五年八月一日天皇陛下には勅使を差し遣わされ官幣大社に御列格宮号を改めて赤間神宮と宣下あらせられ、社殿又改造し輪奐の美整いしが 惜しむべし大東亜大戦の空襲を蒙り 神殿以下悉く焼失加ふるに未曽有の敗戦に依り 復興造営は至難を極めしも 本殿祝詞殿以下御復興に邁進、苦節苦闘二十年にして完工、昭和四十年四月御祭神七八〇年大祭を迎え関門の風光に和する社殿の壮麗は昔日に倍し実に陸の龍宮と称えらるるに至れり。

公式ホームページ

201406011111.jpg

201406011113.jpg

201406011114.jpg

201406011115.jpg

201406011117.jpg

201406011118.jpg

201406011121.jpg

201406011125.jpg

201406011126.jpg

201406011128.jpg

201406011132.jpg

201406011133.jpg

201406011140.jpg

201406011141.jpg

201406011142.jpg

201406011143.jpg

文治元年(1185)の壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇の遺体は現場付近では発見できなかったが、赤間関(下関)に建久2年(1191)、勅命により御影堂が建立され、建礼門院ゆかりの尼を奉仕させたのが始まりである。以後、勅願寺として崇敬を受けた。
明治の神仏分離により阿弥陀寺は廃され、神社となって「天皇社」と改称した。また、歴代天皇陵の治定の終了後、安徳天皇陵は多くの伝承地の中からこの安徳天皇社の境内が明治22年7月25日、「擬陵」として公式に治定された。天皇社は明治8年10月7日、赤間宮に改称し、官幣中社に列格した。昭和15年8月1日、官幣大社に昇格し赤間神宮に改称した。
大東亜戦争の時に社殿を焼失し、昭和40年4月に新社殿が竣工した。
昭和60年、源平八百年を期に全日本平家会が設立され、石川県輪島市にある平時忠の子孫「時国家」に御分霊が親授された。その際に邸内社が建立され「能登安徳天皇社」の称号が授与された。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:下関市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。