FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

和布刈神社

2014.06.01 Sun
~九州最北端・御鎮座千八〇〇年~

めかりじんじゃ
和布刈神社

★所在地
福岡県北九州市門司区門司3492

★御祭神
ひめおおかみ(むなかたさんじょじん)
☆比賣大神(宗像三女神)
おきつしまひめのみこと
・奥津島比売命
いちきしまひめのみこと
・市寸島比売命
たぎつひめのみこと
・多岐津比売命
ひこほほでみのみこと
☆日子穂々手見命
うがやふきあえずのみこと
☆鵜草葺不合命
とよたまひめのみこと
☆豊玉日賣命
あずみいそからみ
☆安曇磯良神

★御由緒
当神社は、人皇第十四代仲哀天皇九年(西暦二〇〇年頃)神功皇后三韓より御凱旋あらせられし時、御報賽の思召をもって御創建御自身神主とならせられ齋き祀り給い永く西門鎭護の神とせられたり、故に歴代の将軍、領主等尊崇厚く建武三年足利尊氏神殿造営、至徳年中大内氏神領寄進、應永年中大内義弘神殿造営、文亀年中大内義隆神殿造営、永禄年中毛利氏神領寄進、天正年中仁保常陸介神殿造営、元和六年細川忠興神領寄進、寛永五年細川氏拝殿以下数棟造営、明和四年小笠原忠物神殿造営等ありて敬神崇祖の誠を至せり、然して年中神社経費は、各領主之を支援せれたり、当神社は明治六年県社に列せられる。

公式ホームページ

201406011227.jpg

201406011231.jpg

201406011233.jpg

201406011234.jpg

201406011236.jpg

201406011237.jpg

201406011238.jpg

201406011239.jpg

201406011240.jpg

<福岡県無形民俗文化財和布刈神事>
和布刈神事は、第十四代仲哀天皇九年、神社創建以来続いた神事で、発端の古く莊重な事は社殿が渦潮たぎる海峡の景勝地に有る事など、相伴って全国諸神社中有名な神事である。毎年冬至の日に和布(わかめ)繁茂の祈念祭をもって始まり旧暦十二月一日には松明を作り奉仕の神職は一週間前から別火に入り潔斎を行う、旧暦正月元旦午前三時頃神職三人は衣冠を正し鎌と桶を持ち松明で社前の石段を照らして下り退潮を追って厳寒の海に入り和布を刈る、これを特殊神饌(福増・歯固・力の飯)等の熟饌と共に神前に供えて祭典を行い明け方近くに終わり直会で全ての行事を終る。昔は刈り取った和布を朝廷や領主に献上していた。この地は神話「海幸、山幸」の由緒を持つ海神より授かった潮干珠、潮満珠を以て海に入ると言われた。和布は万物に先んじて芽を出し自然に繁茂するので幸福発生の姿有り、又神の依代との考えから是を神前に供え至誠を持って御祭りするのは民族固有の精神習慣によるものと思われる。

スポンサーサイト
Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:北九州市門司区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。