RSS|archives|admin

飯盛神社

2018.06.17 Sun
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】
人生すべて良縁を祈る
むすびの神


*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609


*御祭神
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神


*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(西暦八五九)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久二年(西暦一一一四)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明六年(西暦一七八六)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。十月九日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ


267806171206.jpg

267806171210.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2018.06.01 Fri
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267806011106.jpg

267806011109.jpg



<末社>
うがじんじゃ
【宇賀神社】
商売繁盛、家内安全、金運、世界平和、国家安泰、芸能上達、必勝など多彩な御神徳があります。


*御祭神
やまとたけるのみこと
・日本武尊
すさのおのみこと
・素戔嗚尊
うがのみたまのかみ
・宇賀魂神


267806011121.jpg



あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


267806011114.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

小戸大神宮

2018.04.01 Sun
おどこうえん
【小戸公園】
小戸公園は健全な活動や利用に寄与するため、一部で国有地の無償貸し付けにより設置された施設です。春には桜が咲き乱れ、夏はバーベキュー、秋は行楽など、そして冬には小戸の風情を満喫できます。

公式ホームページ


*所在地
福岡県福岡市西区小戸2丁目6-1


267804010835.jpg



おどだいじんぐう
【小戸大神宮】
小戸公園の中ほどにある神社。日本書紀や古事記に記されている『筑紫の日向の橘の小戸のアワギ原』の「小戸」とは福岡市西区の小戸であるとの説があり、伝説ではイザナギ尊が「御禊祓」をしたところで、住吉三神、志賀三神、警固三神をはじめとしたたくさんの神々や、天照皇大神、月読命、素戔鳴命などの三貴神が誕生した聖地とも言い伝えられる。神功皇后の伝説にまつわる「安産石」、「鎧掛けの松」、「お膳立て」、「元寇防塁」、幕末に築かれた「砲台跡」などもある。


*御祭神
あまてらすおおみかみ
・天照皇大神
たぢからおのみこと
・手力雄命
たくはたちぢひめのみこと
・拷幡千々姫命


*御由緒
昔は形ばかりの小祠でしたが、海中から引き揚げられた銅矛二本が神宝とされ、享保10年(1725)に筑前福岡藩6代藩主黒田継高公が社殿を建立し、伊勢神宮の古例にならい20年ごとに新旧両殿交互に改築遷座が行われていた。木製の剣や戈を奉納すると瘧(熱病)がなおり、神功皇后の休憩安産石の由緒により安産祈願や痙攣の病に霊験があるとされている。


267804010839.jpg

267804010840.jpg

267804010841.jpg

267804010843.jpg

267804010845.jpg

267804010847.jpg

267804010848.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2018.01.01 Mon
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267801010315.jpg

267801010318.jpg

267801010319.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2018.01.01 Mon
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】
家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。


*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5


*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰


*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(七四三)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(一四一六)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。


267801010223.jpg

267801010226.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2017.11.23 Thu
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267711231421.jpg

267711231426.jpg

267711231428.jpg

267711231430.jpg

267711231431.jpg

267711231436.jpg

267711231437.jpg

267711231440.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2017.10.01 Sun
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267710010928.jpg

267710010931.jpg

267710010932.jpg

267710010933.jpg

267710010935.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2017.07.01 Sat
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267707011155.jpg

267707011203.jpg

267707011204.jpg

267707011205.jpg

267707011206.jpg

267707011207.jpg

267707011210.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2017.02.25 Sat
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】
人生すべて良縁を祈る
むすびの神


*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609


*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊


*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(西暦八五九)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久二年(西暦一一一四)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明六年(西暦一七八六)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。十月九日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ


267702251419.jpg

267702251422.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2017.01.03 Tue
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦1634年)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
鷲尾愛宕神社は、皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267701031100.jpeg

267701031102.jpeg

267701031103.jpeg

267701031105.jpeg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2017.01.01 Sun
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】
家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。


*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5


*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰


*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(七四三)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(一四一六)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ


267701010141.jpeg

267701010143.jpeg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

小戸公園

2016.12.29 Thu
おどこうえん
【小戸公園】
小戸公園は健全な活動や利用に寄与するため、一部で国有地の無償貸し付けにより設置された施設です。春には桜が咲き乱れ、夏はバーベキュー、秋は行楽など、そして冬には小戸の風情を満喫できます。

*所在地
福岡県福岡市西区小戸2丁目6-1

公式ホームページ

267612291201.jpeg


おどだいじんぐう
【小戸大神宮】
小戸公園の中ほどにある神社。日本書紀や古事記に記されている『筑紫の日向の橘の小戸のアワギ原』の「小戸」とは福岡市西区の小戸であるとの説があり、伝説ではイザナギ尊が「御禊祓」をしたところで、住吉三神、志賀三神、警固三神をはじめとしたたくさんの神々や、天照皇大神、月読命、素戔鳴命などの三貴神が誕生した聖地とも言い伝えられる。神功皇后の伝説にまつわる「安産石」、「鎧掛けの松」、「お膳立て」、「元寇防塁」、幕末に築かれた「砲台跡」などもある。

*御祭神
あまてらすおおみかみ
・天照皇大神
たぢからおのみこと
・手力雄命
たくはたちぢひめのみこと
・拷幡千々姫命

*御由緒
昔は形ばかりの小祠でしたが、海中から引き揚げられた銅矛二本が神宝とされ、享保10年(1725)に筑前福岡藩6代藩主黒田継高公が社殿を建立し、伊勢神宮の古例にならい20年ごとに新旧両殿交互に改築遷座が行われていた。木製の剣や戈を奉納すると瘧(熱病)がなおり、神功皇后の休憩安産石の由緒により安産祈願や痙攣の病に霊験があるとされている。

267612291204.jpeg

267612291205.jpeg

267612291206.jpeg

267612291207.jpeg

267612291208.jpeg

267612291209.jpeg

267612291210.jpeg

267612291211.jpeg


267612291216.jpeg


おどみょうけんじんじゃ
【小戸妙見神社】
小戸の西を妙見崎という 則妙現の社あり この地 平らなる岩なり(筑前国続風土記巻二十)
小戸の西の山を妙見山という 山上に石祠あり(筑前国続風土記巻四十三)

*御祭神
ほくしんみょうじん(あめのみなかぬしのかみ)
・北辰明神(天之御中主神)
ほくしんみょうけんぼさつ
・北辰妙見菩薩
せいりゅうおうのかみ
・青龍王神

*御由緒
今を去る千数百年前、奈良、平安にかけ庶民の間に親しまれ、全国的に熱烈な信仰を記録したのが妙見信仰である。しかし、時の流れに衰微し、往時を偲ぶよすがもなく、数年前まで御名を残すだけのありようであった。さて、この聖地にあって、平成15年より十数年前、或る人の夢枕に龍神が瑞験し、霊告により導かれ、地中に埋没していた現社殿の屋根である古石を掘り出したのが発端である。しかし、事情あって、地面に放置されたままであったのが、平成14年の1月、心ある人々の手によって再建され、更に平成15年4月の改築となり、現在、妙見神社として御鎮座なさっている次第であります。

267612291219.jpeg

267612291220.jpeg

267612291221.jpeg

267612291222.jpeg

267612291223.jpeg

267612291231.jpeg


のこのしま
・能古島
267612291225.jpeg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2016.11.01 Tue
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦一六三四)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
鷲尾愛宕神社は、皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267611011126.jpg

267611011127.jpg

267611011130.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

橋本八幡宮

2016.10.02 Sun
はしもとはちまんぐう
【橋本八幡宮】
この神社は室見川左岸、木の葉モール橋本の近くに鎮座しています。


*所在地
福岡県福岡市西区橋本2-29


*御祭神
おうじんてんのう
・応神天皇
じんぐうこうごう
・神功皇后
たまよりひめのみこと
・玉依姫命
あみだにょらい
・阿弥陀如来
かんぜおんぼさつ
・観世音菩薩
せいしぼさつ
・勢至菩薩


*御由緒
この八幡宮は今から五百年前文明十四年(一四八二)に、柴田蔵人佐繁信父子によって初めて建立されたもので、当時の社殿の棟札の写しが柴田家に所蔵されております。
蔵人佐の先祖は陸奥国(今の宮城県)柴田郡の豪族で一説には越後国(今の新潟県)柴田の人ともいい、故あって一族郎党を引き連れて、橋本にやってきました。その時、郷里の八幡宮の分霊をこの地に迎え社殿を建てたと伝えられております。
境内の北側あたりに、黒田藩主の別荘茶屋がありました。三百五十年前の頃のことで、三代光之公は橋本の人を母として生まれ、この地で幼時を過ごしました。今もこのあたりを「お茶屋の内」といいます。
また、殿様の御成り所(休憩所)ができ、それから年貢(税)の取り立ての代官所と蔵ができ、そこを蔵本屋敷といっていました。
光之公は産土神として八幡宮を崇敬し、寛文六年(一六六八)西新町紅葉松原に立派な社殿を建てて遷宮しました。
橋本の人はここから遥拝しておりましたが、たっての希望で後に社殿を再建し、以来数度の改築が行われ、現在の拝殿は明治二年に、神殿と渡殿は大正七年に改築されたものです。


267610021140.jpg

267610021144.jpg

267610021145.jpg

267610021146.jpg

267610021147.jpg

267610021148.jpg



Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜 おねがい六地蔵尊

2016.09.24 Sat
めいのはまおねがいろくじぞうそん
【姪浜おねがい六地蔵尊】

◆六地蔵ってな・あ・に?
六地蔵とは 六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)の世界で迷い苦しむ人々を救済される私たちに、最も身近なお地蔵さまです。お参りされる方々の家内安全、子供の無事安全成長、学業成就、無病息災、延命長寿、交通安全、商売繁盛など、大難は小難、小難は無難にち御利益をもたらせて下さるお地蔵さまです。そんなお地蔵さまに感謝の気持ちを込めまして手を合わせてみて下さい。お地蔵さまもきっと喜ばれると思います。


*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜4丁目8番(姪浜駅北口そば)


*御縁起
家内安全
子どもの無事安全成長
学業成就
無病息災
延命長寿
交通安全
商売繁盛
家運繁栄


267609242120.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜 おねがい六地蔵尊

2016.09.18 Sun
めいのはまおねがいろくじぞうそん
【姪浜おねがい六地蔵尊】

◆六地蔵ってな・あ・に?
六地蔵とは 六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)の世界で迷い苦しむ人々を救済される私たちに、最も身近なお地蔵さまです。お参りされる方々の家内安全、子供の無事安全成長、学業成就、無病息災、延命長寿、交通安全、商売繁盛など、大難は小難、小難は無難にち御利益をもたらせて下さるお地蔵さまです。そんなお地蔵さまに感謝の気持ちを込めまして手を合わせてみて下さい。お地蔵さまもきっと喜ばれると思います。


*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜4丁目8番(姪浜駅北口そば)


*御縁起
家内安全
子どもの無事安全成長
学業成就
無病息災
延命長寿
交通安全
商売繁盛
家運繁栄


267609182139.jpg

267609182140.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2016.08.27 Sat
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後、寛永十一年(西暦一六三四)、筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえた。正月大祭、愛宕桜祭り(四月)、ほおずき夏祭り(七月)、火祭り(十二月)などの行事は多くの人でにぎわう。そして夜景スポットとしても人気があり、境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。また、愛宕山には昭和三年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。


*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1


*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命


*御由緒
鷲尾愛宕神社は、皇紀七三二年(西暦七二年、十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生のお参りも増えています。

公式ホームページ


267608271206.jpg

267608271207.jpg

267608271208.jpg

267608271209.jpg

267608271210.jpg

267608271212.jpg

267608271226.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

登志神社

2016.08.19 Fri
としじんじゃ
【登志神社】


*所在地
福岡県福岡市西区今津1570


*御祭神
とようけひめおおかみ
・豊受姫大神
なかつつのおおのみこと
・中筒男命
ひめのおおかみ
・姫大神


*御由緒
昔、中国の船が来集していた登志の湊鎮守のために、まつられたものとして、字尾の上にある。人皇五十代桓武天皇の延暦三年伊勢国山田原から奉成遷座と伝えられている社号は登志郷の名を冠している民部省図帳によれば登志湊の神貢云々の事のみにて、朝廷の厚く尊敬在りし事詳で、また筑前国志摩郡に往昔より社領多かったという。天文七年三月二十九日九州探題臼杵安芸守親連の時に社領従前の例に任せ中通六町今津に二町寄附あり其他にも寄進状を伝えている。
神宝として縁起猿楽の仮面五等が存していたが、天保十五年甲辰焼失す。


267608191025.jpg

267608191026.jpg

267608191027.jpg

267608191028.jpg

267608191029.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2016.08.11 Thu
人生すべて良縁を祈る
むすびの神

いいもりじんじゃ
【飯盛神社】


*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609


*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊


*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(西暦八五九)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久二年(西暦一一一四)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明六年(西暦一七八六)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。十月九日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ


267608111150.jpg

267608111151.jpg

267608111157.jpg


いいもりやま
【飯盛山】
飯盛山の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

267608111202.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2016.07.13 Wed
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】
家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。

*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5

*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰

*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(七四三)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(一四一六)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。
住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。
内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ

ぎおんかっぱまつり
◆祇園河童祭
七月十四日から十五日
この夏を怪我や事故がないように祈願し、河童面を頒布します。夕方から沢山の露店が出て、にぎわいます。

267607131809.jpg

267607131810.jpg

267607131812.jpg

267607131813.jpg

267607131814.jpg

267607131816.jpg

◆河童面
「神話の昔、小戸の檍原(海岸)で伊册那岐の大神(住吉三神の父神)が禊をされる時、波が荒れて困っていたところに河童が現れて波静かな所へ案内して導いていき、神様が安全に禊をされ、流れ落ちる滴から住吉三神を始め多くの神々が生誕され神様も大変喜ばれました。これを知った人々はとても御神徳の高い河童ということで河童面をお守りとして祭るようになりました。」 河童面はこの伝承に基づくもので、掛ける所によって次のようなご利益があると云われております。クイズ・ミリオネアで全問正解して1千万円獲得できましたのも、この河童面をお祀りしていたおかげだと感じております。皆様もどうか、開運されますように。

Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

白山神社

2016.07.02 Sat
しらやまじんじゃ
【白山神社】
この白山神社は目と鼻の崎に博多湾が広がり境内から広大な海を眺める事ができるとても景観の良い神社です。

*所在地
福岡県福岡市西区今津4491

*御祭神
いざなみのみこと
・伊弉那美尊
すさのおのみこと
・素盞嗚尊
いなだひめのみこと
・稲田姫命
いちきしまひめのみこと
・市杵嶌姫命

*御由緒
正保三年(一六四六)現氏子区の大原地区が開拓された時柑子岳の臼杵氏の廃城址の権現社と称するを下寄りに遷し伊弉那美尊を氏神として祀ったことにはじまる。
天保四年(一八三三)二月、中腹の城山の東に遷し更に明治十七年十一月、風光明媚な津舟崎に遷した。
八坂神社の素盞嗚尊・稲田姫命を氏子地域内に悪疫が流行したので、文化十三年(一八一六)豊前国今井祇園宮より勧請し字大原に祀り来たれるを合祀したものである。
「現在の集会所のあたりが旧社地」
厳島神社の市杵嶌姫命を無格社の呑山地域の産土神として祭祀していたものを明治十三年十一月十七日に合祀した。

267607021441.jpg

267607021444.jpg

267607021445.jpg

267607021446.jpg

267607021447.jpg

267607021452.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2016.06.05 Sun
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】
家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。

*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5

*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰

*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(七四三)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(一四一六)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。
住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。
内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ

267606051450.jpg

267606051452.jpg

267606051455.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今山遺跡

2016.05.26 Thu
いまやまいせき
【今山遺跡】
今津湾の西側に位置し、標高約八十メートルの今山に所在する。山頂及び山麓部に存在する玄武岩の露頭や転礫を用いた弥生時代の石斧製作跡である。
昭和六年、中山平次郎によって製作所跡の存在と製作工程(粗割→打裂→敲打→研磨)が推定された。近年の調査では製作所跡が今山全体に分布することや製作時期が弥生時代前期末まで及ぶことが判明した。また、北部九州の広範な地域から今山産石斧が出土することから弥生時代の交易を示すものとして注目される。本来は、南北にふたつの頂を持つラクダの背のような独立丘陵であったが、北半分は宅地化し、すでに失われている。南の丘陵には熊野神社が祭られており、今津湾に開けた眺望は美しい。

*所在地
福岡県福岡市西区横浜二丁目

267605261131.jpg

267605261132.jpg

267605261134.jpg


くまのじんじゃ
【熊野神社】

*御祭神
いざなみのみこと
・伊弉冊命
はやたまおのみこと
・速玉男命
ことさかのおのみこと
・事解男命

*御由緒
一、亨保十二年(一七二八)拝殿改築の時、国主黒田継高公がその用材一切を寄進した。
二、神功皇后が三韓から帰朝の後、紀州熊野から、勧請されたとの言い伝えがある。今山を昔は、夷魔山と書いたが、それは昔、彦火々出見命が、この山上から弓で夷魔を射平げられたからだという・・・・・・・・・また別名を弓張山とも言った。その吉例により毎年九月十二日(旧暦)の大祭には、山内の杉や檜木で弓を作り神前に備えていた。

267605261138.jpg

267605261139.jpg

267605261140.jpg


267605261141.png


【元寇防塁】

267605261153.jpg

Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2016.05.18 Wed
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

267605181050.jpg

267605181052.jpg

267605181053.jpg

267605181058.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2016.04.11 Mon
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】
人生すべて良縁を祈る
むすびの神

*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609

*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊

*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(859)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久2年(1114)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明6年(1786)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。10月9日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ

267604111448.jpg

267604111455.jpg

飯盛神社は福岡市の西区、早良平野の中心です。古代からの宮殿築城に相応しい「四神相応の地」と謂われます。東に清流室見川、南に早良平野の田園、西に北から南に延びる背振山系、北には玄海灘に浮かぶ島々、即ち此の飯盛山を神奈備とします。天孫降臨の砌に天太玉命が伊弉册尊を奉齋するを起源とします。上宮に伊弉冉尊、中宮に五十猛尊を奉齋し飯盛三所権現宮と称し上・中・下宮・神宮寺を設けていました。福岡平野を挟み、東には若杉山に坐す「太祖神社(伊弉諾尊)」、西には飯盛山に坐す「飯盛神社(伊弉册尊)」、乃ち夫婦山として古代よりの国産み伝説の基であります。この「飯盛山」の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

地蔵堂

2016.02.10 Wed
*所在地
福岡県福岡市西区今宿駅前1丁目(旧唐津街道沿い)

*御縁起
徳川八代将軍吉宗の時代に享保の大飢饉が起こり多くの犠牲者を弔った「地蔵堂」があります。

きょうほうのだいききん
◆享保の大飢饉
享保16年(1731)末より天候が悪く、年が明けても悪天候が続いた。享保17年(1732)夏、冷夏と害虫により中国・四国・九州地方の西日本各地、中でもとりわけ瀬戸内海沿岸一帯が凶作に見舞われた。梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした。このため、イナゴやウンカなどの害虫が大発生し、稲作に甚大な被害をもたらした。被害は西日本諸藩のうち46藩にも及んだ。46藩の総石高は236万石であるが、この年の収穫は僅27%弱の63万石程度であった。餓死者12,000人(各藩があえて幕府に少なく報告した説あり)にも達した(『徳川実紀』によれば餓死者969,900人)。また、250万人強の人々が飢餓に苦しんだと言われる。また、享保18年(1733)正月に飢饉による米価高騰に困窮した江戸市民によって享保の打ちこわしが行われた。

267602101201.jpg

267602101202.jpg

267602101203.jpg

267602101204.jpg

267602101205.jpg

267602101206.jpg

Theme:お地蔵さま | Genre:旅行 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

二宮神社

2016.02.10 Wed
にのみやじんじゃ
【二宮神社】

*所在地
福岡県福岡市西区今宿1-10-32

*御祭神
あめのほひのみこと
・天穂日命
はにやすのみこと
・埴安命
おおたのみこと
・大田命
ことしろぬしのみこと
・事代主命

*御由緒
この神社は、今から約270年前、今宿五郎江(現・今宿小学校)にあったものを現在地に移したといわれており、主祀神は埴安神で、稲の生産豊穣と疫病厄除、また、福徳開運の神社として地元の人々に親しまれています。正月3日の子どもたちによる玉せせりや、7月29日夕刻より催される夏越祭りは、大勢の人でにぎわい、今宿の風物詩となっています。神社鳥居前の通りは、旧唐津街道で、江戸時代には宿場町として栄えました。神社横は、書、絵画に秀でた才能を発揮した、亀井少栞(1798~1857年)が住んだ地で、少栞の漢詩など筑前亀井学派の資料は能古博物館に数多く展示されています。

267602101149.jpg

267602101150.jpg

267602101151.jpg

267602101152.jpg

267602101153.jpg

267602101154.jpg

267602101155.jpg

267602101156.jpg

267602101157.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2016.02.01 Mon
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
日本三大愛宕。旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

267602011225.jpg

267602011228.jpg

267602011229.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2016.01.05 Tue
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】
人生すべて良縁を祈る
むすびの神

*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609

*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊

*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(859)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久2年(1114)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明6年(1786)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。10月9日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ

267601051354.jpg

267601051356.jpg

267601051359.jpg

267601051400.jpg

飯盛神社は福岡市の西区、早良平野の中心です。古代からの宮殿築城に相応しい「四神相応の地」と謂われます。東に清流室見川、南に早良平野の田園、西に北から南に延びる背振山系、北には玄海灘に浮かぶ島々、即ち此の飯盛山を神奈備とします。天孫降臨の砌に天太玉命が伊弉册尊を奉齋するを起源とします。上宮に伊弉冉尊、中宮に五十猛尊を奉齋し飯盛三所権現宮と称し上・中・下宮・神宮寺を設けていました。福岡平野を挟み、東には若杉山に坐す「太祖神社(伊弉諾尊)」、西には飯盛山に坐す「飯盛神社(伊弉册尊)」、乃ち夫婦山として古代よりの国産み伝説の基であります。この「飯盛山」の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

267601051405.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2016.01.01 Fri
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

267601010127.jpg

267601010152.jpg

267601010222.jpg

267601010229.jpg

267601010234.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2016.01.01 Fri
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】
家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。

*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5

*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰

*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(743)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国 船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(1416)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。

住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。

内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。
また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ

267601010020.jpg

267601010025.jpg

267601010028.jpg

267601010039.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

大山祇神社跡公園

2015.11.23 Mon
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


おおやまづみじんじゃあとこうえん
【大山祇神社跡公園】

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕(鷲尾愛宕神社近く)

267511231515.jpg

267511231516.jpg

267511231517.jpg

267511231518.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2015.11.23 Mon
あたごやま(きゅうわしおやま)
【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。


日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
旧社格は郷社で、現在は神社本庁の別表神社。単に「愛宕神社」とも呼ばれる。春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

267511231448.jpg

267511231456.jpg

267511231457.jpg

267511231458.jpg

267511231500.jpg


うがじんじゃ
【宇賀神社】

*御祭神
やまとたけるのみこと
・日本武尊
すさのおのみこと
・素戔嗚尊
うがのみたまのかみ
・宇賀魂神

267511231509.jpg


のこのしま
【能古島】

267511231510.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

叶嶽神社

2015.10.25 Sun
かのうだけ
◆叶岳:標高341m

かのうだけじんじゃ
【叶嶽神社(下宮)】

*所在地
福岡県福岡市西区今宿上ノ原

*御祭神
ほんちぶつかつぐんじぞう
・本地仏勝軍地蔵(垂迹神イザナミ)

*御由緒
古文書(筑前國風土記など)によれば、「往昔、山の名を天狗山と申しけるが、神功皇后、三韓進出のみぎり、この所に御心願あらせ給ひしに、御心に叶ひけりとて、山の名を変へて叶嶽と名付け給ふ」とある。そして、今から約600年ほど前に、熱烈な地蔵信仰で知られた将軍足利義満公の家来筋にあたる、上原の豪族吉住因幡守忠親が、義満に倣い、京都の愛宕権現より勝軍地蔵の分霊を勧請し、建立したものと伝えられる。

267510251337.jpg

267510251338.jpg
「この人をさがしています」の張り紙。

267510251339.jpg

267510251345.jpg
左側が下宮、そして右側は上宮へ続く。

267510251347.jpg

267510251348.jpg

267510251352.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

大塚古墳

2015.10.25 Sun
おおつかこふん
【大塚古墳(今宿古墳群)】
国指定の古墳時代後期(6世紀前半)の前方後円墳である。

*所在地
福岡県福岡市西区今宿字大塚

高祖山北麓の低台地上(標高15m)につくられた、古墳時代後期の前方後円墳(6世紀前半の築造)である。昭和52年(1977)に保存整備のため確認調査を実施した。主体部は墳丘主軸を東西におき、前方部を西に向ける。墳丘全長64m、後円部の高さ約6mの二段築成である。墳丘のまわりに幅8~12mの堀があり、その外方を幅5mの外堤がめぐる。さらに、その南半部側に幅5メートルの浅い堀があり、それを加えた全長は約100mの規模となる。墳丘の下段斜面に花崗岩河原石をつかった葺石がめぐるが、上段斜面には認められない。また、墳丘の段テラス、外堤上、外堀外線に円筒埴輪列が立て並べられ、外堤の南西部の埴輪列部には、人物、馬形などの形象埴輪も加えられていた。古墳の埋葬施設は未確認であるが、後円部の南側に入口をもつ横穴式石室と推定されている。現在の古墳の姿は、確認調査の結果にもとづいて、堀、外堤を復元したものである(ただし復元部分は、全体に0.5mの盛り土を行っている)。国道202号線今宿バイパスの北に接しており、整った古墳の側面を見ることができる。

267510251309.jpg

267510251310.jpg

267510251312.jpg

267510251313.jpg

267510251318.jpg

267510251319.png


Theme:史跡 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2015.07.25 Sat
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】本社(下宮)

人生すべて良縁を祈る
むすびの神

*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609

*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊

*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(859)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久2年(1114)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明6年(1786)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。10月9日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ

<飯盛山>


201507251506.jpg

201507251508.jpg



飯盛神社は福岡市の西区、早良平野の中心です。古代からの宮殿築城に相応しい「四神相応の地」と謂われます。東に清流室見川、南に早良平野の田園、西に北から南に延びる背振山系、北には玄海灘に浮かぶ島々、即ち此の飯盛山を神奈備とします。天孫降臨の砌に天太玉命が伊弉册尊を奉齋するを起源とします。上宮に伊弉冉尊、中宮に五十猛尊を奉齋し飯盛三所権現宮と称し上・中・下宮・神宮寺を設けていました。福岡平野を挟み、東には若杉山に坐す「太祖神社(伊弉諾尊)」、西には飯盛山に坐す「飯盛神社(伊弉册尊)」、乃ち夫婦山として古代よりの国産み伝説の基であります。この「飯盛山」の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

◆古式「貝嘗祭」(かいなめさい)
福岡県無形文化財指定
2月14日午前、穂垂菜祭奉仕。大根・人参・牛蒡を皮剥、白米を炊き鯛を添えて、三膳供える。これは、早稲・中手、奥手の意味を表す。夜8時、粥もと相集い、雌雄鮑の貝殻を杯として御神酒を酌み交わして後、粥を炊く。明朝未明に、三杯の錫鉢に粥を盛り、神前奥深くに供える。
この「かゆ占」は、その年の農作物が豊作か凶作かを占う神事です。半月ほど供えたあと、3月1日の早朝かゆ開きを行い、生えたカビの具合で、その年の作物の豊凶や天候を占います。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

二宮神社

2015.06.26 Fri
にのみやじんじゃ
【二宮神社】

*所在地
福岡県福岡市西区下山門3-16-7

*御祭神
・二宮尊徳
諱は正確には「たかのり」と訓むが、有職読みで「そんとく」と訓まれることが多い。

*御由緒
神佛学問を進め農業の神様として崇敬厚く古式豊かな宮座の神事は年中行事として盛大に祭礼が行われる。

201506261208.jpg

201506261209.jpg

201506261210.jpg

◆御神徳
家運繁栄、学問向上、子供の成長

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

お地蔵さま

2015.06.24 Wed
*所在地
福岡県福岡市西区内浜2-25-6(福岡市立都町集会所)

201506241208.jpg

201506241209.jpg

201506241210.jpg


Theme:お地蔵さま | Genre:旅行 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2015.06.19 Fri
日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】
別表神社。春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

201506191258.jpg

201506191300.jpg

201506191307.jpg

201506191308.jpg

201506191310.jpg

201506191311.jpg

【愛宕山(旧鷲尾山)】
愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2015.05.05 Tue
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】

家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。

*所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5

*御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰

*御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(743)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国 船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(1416)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。

住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。

内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。
また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ

201505051442.jpg

201505051443.jpg

201505051444.jpg

すがじんじゃ
【須賀神社】

*御祭神
ごずてんのう
・牛頭天王
すさのおのみこと
・須佐之男命

201505051445.jpg

201505051448.jpg

201505051449.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2015.04.22 Wed
愛宕山(旧鷲尾山)

日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】

春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

*所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

*御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

*御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

201504221554.jpg

201504221557.jpg

201504221558.jpg

201504221559.jpg

愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

壱岐神社

2015.03.15 Sun
いきじんじゃ
【壱岐神社】

壱岐神社は生の松原に鎮座する神社です。参道は約400mもあり、海岸の鳥居からは一直線に旧国道202号線、生の松原を抜けて社殿へと続きます。

*所在地
福岡県福岡市西区生の松原1-9-3

*御祭神
いきのあたいまねこ
・壱岐直真根子

*御由緒
「日本書紀」によれば、壱岐直真根子は、反乱の罪を着せられた武内宿称を助けるため、身代わりとなって亡くなった人物と伝えられています。やがて無実であることがわかりましたが、自分の命を犠牲にしてまで武内宿称に尽くしたことから、ここに祭神としてまつられたと言われています。

201503151530.jpg

201503151532.jpg

201503151533.jpg

201503151535.jpg

201503151541.jpg

◆逆松
神功皇后が松を逆さに植えながら、「願いが叶うなら生きよ!」と唱え、その松が無事に生きたという伝説の木を示しています。その後松原へと種子を増やすことになり、そんなことから、松原の名は生の松原となったと伝えられています。

201503151544.jpg

201503151546.jpg

201503151547.jpg

◆壱岐直真根子
雷大臣の子どもです。三韓出兵に父親と一緒に行き、帰国後、壱岐にとどまって、三韓に対する守りをしました。「直」は古代の氏姓制度の姓の一つで、主として地方豪族の国造や郡司などがこの姓を与えられました。275年、大和時代、応神天皇は、筑紫の国の様子を観察させるために、武内宿禰を派遣しました。このとき、武内宿禰が筑紫の国を領有し、三韓と組んで天下をとろうとしているといううわさが広がりました。このうわさは、武内宿禰の失脚をねらって、武内宿禰の異母弟の、甘美内宿禰が天皇にうその報告をしたものでした。これを信じた天皇は、兵を出して武内宿禰を殺そうとしました。このとき、たまたま、壱岐直真根子が武内宿禰に似ていたことから、真根子は武内宿禰の身代わりになって使者に殺されました。武内宿禰は、朝廷に会い、弁明しましたが、甘美内宿禰と武内宿禰がお互いにゆずらないので、「深湯」をすることになりました。兄の武内宿禰はひるまず熱湯に手を入れましたが、弟の甘美内宿禰はおじけづいてやめてしまいました。こうして、武内宿禰は無罪ということが分かりました。

◆武内宿禰
景行天皇、成務天皇、仲哀天皇、応神天皇、仁徳天皇の5代にわたって240年も仕えたといわれる伝承の人物です。神宮皇后を助けて新羅と戦い、また応神天皇の即位に功がありました。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2015.02.08 Sun
むすびの神
いいもりじんじゃほんやしろ
【飯盛神社】本社(下宮)

甦るロマン
古代の歴史に
綴られた山
そして
受け継がれる
文化・伝導
それはふる里

*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609

*御祭神
東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
右神
ほむだわけのみこと
・品陀和気命
西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊

*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(859)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊奘冉尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久2年(1114)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明6年(1786)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。10月9日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ

201502081422.jpg

201502081423.jpg

201502081424.jpg

201502081425.jpg

201502081431.jpg

飯盛神社は福岡市の西区、早良平野の中心です。古代からの宮殿築城に相応しい「四神相応の地」と謂われます。東に清流室見川、南に早良平野の田園、西に北から南に延びる背振山系、北には玄海灘に浮かぶ島々、即ち此の飯盛山を神奈備とします。天孫降臨の砌に天太玉命(アマノフトタマノミコト)が伊弉冉尊(イザナミノミコト)を奉齋するを起源とします。上宮に伊弉冉尊、中宮に五十猛尊を奉齋し飯盛三所権現宮と称し上・中・下宮・神宮寺を設けていました。福岡平野を挟み、東には若杉山に坐す「太祖神社(伊邪那伎尊)」、西には飯盛山に坐す「飯盛神社(伊弉册尊)」、乃ち夫婦山として古代よりの国産み伝説の基であります。この「飯盛山」の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

◆古式「貝嘗祭」(かいなめさい)
福岡県無形文化財指定
2月14日午前、穂垂菜祭奉仕。大根・人参・牛蒡を皮剥、白米を炊き鯛を添えて、三膳供える。これは、早稲・中手、奥手の意味を表す。夜8時、粥もと相集い、雌雄鮑の貝殻を杯として御神酒を酌み交わして後、粥を炊く。明朝未明に、三杯の錫鉢に粥を盛り、神前奥深くに供える。
この「かゆ占」は、その年の農作物が豊作か凶作かを占う神事です。半月ほど供えたあと、3月1日の早朝かゆ開きを行い、生えたカビの具合で、その年の作物の豊凶や天候を占います。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2015.01.10 Sat
愛宕山(旧鷲尾山)

日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】

春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

★所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

★御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

★御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

201501101323.jpg

201501101328.jpg

201501101331.jpg

201501101343.jpg

愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鷲尾愛宕神社

2015.01.02 Fri
愛宕山(旧鷲尾山)

日本三大愛宕
わしおあたごじんじゃ
【鷲尾愛宕神社】

春は花見客でにぎわい、夜景スポットとしても人気があります。境内からは博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

★所在地
福岡県福岡市西区愛宕2-7-1

★御祭神
いざなぎのみこと
・伊弉諾尊
いざなみのみこと
・伊弉冉尊
ほむすびのかみ
・火産霊神
あめのおしほみみのみこと
・天忍穂耳命

★御由緒
愛宕神社は、西暦72年(十二代景行天皇の時代) 創建され、福岡で最も古い歴史をもつ神社です。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。御神徳は全国随一と言われ、一月一日に行われる「元旦祭」では、世界平和・繁栄と幸せを祈願し、「初日の出」の名所としても知られ、「初詣縁起大行列」が出来、大変な賑わいをみせます。縁結び、厄除開運、商売繁盛、家内安全、受験合格、学業成就、安産成就、交通安全、病気回復、無病息災、円満解決、鎮火成就等の願い事を叶え、古くは、禁酒、禁煙などのあらゆる禁断の神としても全国に知れ渡り、広く崇敬を集め、お月参りでは愛宕様と親しまれてきました。又、東京・京都と並ぶ日本三大愛宕として親しまれ、福岡藩主黒田忠之公が献上された開運の破魔矢と熊手は、特に名高く、桜と紅葉の名所としても毎年賑わいます。近年では、縁結び、恋愛成就や結婚、各種試験合格、車祓い、就職など若い男女や学生、外国の方のお参りも増えています。

公式ホームページ

201501022239.jpg

★新春初詣(1月1日~1月8日)
70万人で賑わいます。

愛宕山は昔、鷲尾山といわれ、鷲尾権現がまつられていた。その後寛永11年(1634)筑前国二代目藩主黒田忠之が京都の愛宕権現をむかえたのが愛宕神社の始まりといわれている。正月大祭、愛宕桜祭り(4月)、ほおずき夏祭り(7月)、火祭り(12月)などの行事は多くの人でにぎわう。また、愛宕山には、昭和3年にケーブルカーがつくられたが、大東亜戦争が激しくなり撤去された。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜住吉神社

2015.01.01 Thu
めいのはますみよしじんじゃ
【姪浜住吉神社】

家内安全・海上安全・交通安全・開運・厄除け・災難除け・安産・商売繁盛の御神徳があります。

★所在地
福岡県福岡市西区姪の浜3-5-5

★御祭神
すみよしさんじん
・住吉三神
じんぐうこうごう
・神功皇后
しかさんじん
・志賀三神
たけうちのすくね
・武内宿禰

★御由緒
住吉神社の起源は、奈良時代の天平十五年(743)九月二十九日の夜半、住吉明神のご出現があり、翌年四月十三日にも異国 船来襲の調伏祈願の折にご出現され、このため一宇の小社を建立し住吉三神をお祭りしたことによります。くだって室町時代の応永二十三年(1416)正月十四日夜の御神託により、翌年八月二十九日に牛頭社地(現、住吉神社)で新社建立・ご遷座の儀式を終え、ここに住吉三神は牛頭社(現、須賀神社)と相並んで、当地の産土神として尊崇されるようになりました。

住吉三神は、『日本書紀』神代巻には、伊弉諾尊が筑紫の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の檍原(あわぎはら)で、 御身の濁穢(けがれ)を禊祓われた時に出生された神と記されています。

内書巻九や『古事記』によると、神功皇后が応神天皇を胎内に宿したまま新羅に遠征された折り、住吉三神は「和魂は王身の命を守り、荒魂は先鋒として軍船を導くであろう」と申され、その霊験あらたか新羅軍を破り、無事帰国されました。その時、神功皇后は当地の小戸付近の浜に上陸し濡れた袙(あこめ)の御衣を乾かされたので袙ヶ浜(後、転じて姪浜)といい、宇美において応神天皇を出産されたと伝えられています。
また伊弉諾尊が禊祓をされるとき河童が現われ、道案内のお手伝いをしたことにより除災招福の神の使いになったという伝承があります。

公式ホームページ

201501010222.jpg

201501010223.jpg

201501010224.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

御手洗神社

2014.12.06 Sat
みたらいじんじゃ
【御手洗神社】

★所在地
福岡県福岡市西区石丸3-17-16

★御祭神
おもだるのみこと
面足命(神代七代の神の中の一柱)

★御由緒
古事記には淤母陀琉(おもダル)とあり中古第六天と称して面足命をまつってあります。これは仏教の三十三天中の第六天を面足命に当てたもので、面の足とは不足處なく具はりととのえる事をいいます。

201412061320.jpg

201412061323.jpg

201412061324.jpg

201412061325.jpg

201412061326.jpg

201412061327.jpg


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

熊野神社

2014.12.06 Sat
【神宮大明神社】

★所在地
福岡県福岡市西区拾六町5-4-7

★御祭神
いざなみのみこと
・伊弉册命
ことさかおのみこと
・事解男命
はやたまおのみこと
・速玉男命

★御由緒
創建は不明ですが、鎌倉時代からこの地に熊野信仰があったといわれています。

201412061259.jpg

201412061300.jpg

201412061301.jpg

201412061302.jpg

201412061303.jpg

201412061305.jpg

201412061306.jpg

熊野神社に収納されている木造大日如来坐像は平安時代末期から鎌倉時代前期の作品とされ、福岡県文化財として指定されています。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

姪浜 おねがい六地蔵尊

2014.10.12 Sun
姪浜駅北口そば

★所在地
福岡県福岡市西区姪の浜4丁目8番

★御縁起
家内安全
子どもの無事安全成長
学業成就
無病息災
延命長寿
交通安全
商売繁盛
家運繁栄

201410121648.jpg

【六地蔵ってな・あ・に?】
六地蔵とは 六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)の世界で迷い苦しむ人々を救済される私たちに、最も身近なお地蔵さまです。お参りされる方々の家内安全、子供の無事安全成長、学業成就、無病息災、延命長寿、交通安全、商売繁盛など、大難は小難、小難は無難にち御利益をもたらせて下さるお地蔵さまです。そんなお地蔵さまに感謝の気持ちを込めまして手を合わせてみて下さい。お地蔵さまもきっと喜ばれると思います。

Theme:お地蔵さま | Genre:旅行 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

飯盛神社

2014.10.01 Wed
むすびの神
いいもりじんじゃほんやしろ
【飯盛神社】本社(下宮)

甦るロマン
古代の歴史に
綴られた山
そして
受け継がれる
文化・伝導
それはふる里

★所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609

★御祭神
<東王子社>
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
☆左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
☆主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
☆右神
ほむだわけのみこと
・品陀和気命
<西王子社>
つくよみのみこと
・月夜見尊

★御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(859)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊奘冉尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久2年(1114)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明6年(1786)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。10月9日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ

201410011512.jpg

201410011513.jpg

201410011514.jpg

201410011524.jpg

201410011528.jpg

飯盛神社は福岡市の西区、早良平野の中心です。古代からの宮殿築城に相応しい「四神相応の地」と謂われます。東に清流室見川、南に早良平野の田園、西に北から南に延びる背振山系、北には玄海灘に浮かぶ島々、即ち此の飯盛山を神奈備とします。天孫降臨の砌に天太玉命(アマノフトタマノミコト)が伊弉冉尊(イザナミノミコト)を奉齋するを起源とします。上宮に伊弉冉尊、中宮に五十猛尊を奉齋し飯盛三所権現宮と称し上・中・下宮・神宮寺を設けていました。福岡平野を挟み、東には若杉山に坐す「太祖神社(伊邪那伎尊)」、西には飯盛山に坐す「飯盛神社(伊弉册尊)」、乃ち夫婦山として古代よりの国産み伝説の基であります。この「飯盛山」の東側の平野部の「高木、吉武地区」には「弥生時代」の「甕棺墓群」と「倉庫建築の柱跡」が発見された「吉武高木遺跡」がある。いわゆる「三種の神器」がセットとして副葬されていたもっとも古い時代の墓が発見された場所である。

◆古式「貝嘗祭」(かいなめさい)
福岡県無形文化財指定
2月14日午前、穂垂菜祭奉仕。大根・人参・牛蒡を皮剥、白米を炊き鯛を添えて、三膳供える。これは、早稲・中手、奥手の意味を表す。夜8時、粥もと相集い、雌雄鮑の貝殻を杯として御神酒を酌み交わして後、粥を炊く。明朝未明に、三杯の錫鉢に粥を盛り、神前奥深くに供える。
この「かゆ占」は、その年の農作物が豊作か凶作かを占う神事です。半月ほど供えたあと、3月1日の早朝かゆ開きを行い、生えたカビの具合で、その年の作物の豊凶や天候を占います。

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |