RSS|archives|admin

幣立神宮

2015.05.18 Mon
へいたてじんぐう
【幣立神宮】

幣立神社、幣立神宮は、日の宮ともいう。旧社格は郷社。

*所在地
熊本県上益城郡山都町大野712

*御祭神
かむろぎのみこと
・神漏岐命
かむろみのみこと
・神漏美命
おおとのちおおかみ
・大宇宙大和神
あめのみなかぬしおおかみ
・天御中主大神
あまてらすおおみかみ
・天照大御神
あそじゅうにしん
・阿蘇十二神

*御由緒
社伝によれば、神武天皇の孫である健磐龍命が、阿蘇に下向した際この地で休憩し、眺めがとても良い場所であると、幣帛を立て天神地祇を祀ったという。
その後、延喜年間(901~923)、阿蘇大宮司友成が神殿を造営し伊勢両宮を祀り幣立社と号した。天養元年(1144)には、阿蘇大宮司友孝が阿蘇十二神を合祀し大野郷の総鎮守とした。
現在の社殿は、享保14年(1729)、細川宣紀により改修されたもの。明治6年(1873)、郷社に列した。なお、天孫降臨の伝承を持つ高千穂にも近く、他にも神話、伝承などが伝わる。

201505181208.jpg

201505181209.jpg

201505181211.jpg

201505181213.jpg

201505181214.jpg

201505181215.jpg

201505181216.jpg

ひがしみたらい
【東御手洗】

201505181229.jpg

201505181230.jpg

201505181231.jpg

201505181232.jpg

◆萬古の歴史を語る
日の宮は
私たちみんなの親神様がいらっしゃる
ふる里のお宮です
天照大御神様は
天岩戸からお還えりになり
御霊はここにお鎮まりになりました
神武天皇様は
大和へ遷都された後も故郷を大事にされ
七度御参宮になり
民俗の繁栄と平和の祈願をされました
大古には
世界人類のふる里として親しくここに集い
その弥栄を親神様に祈りました
身を清め心を正して
世界の平和
地球の安泰を祈りましょう


Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:上益城郡山都町 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |