FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

宗像大社

2018.02.11 Sun
むなかたたいしゃ・へつぐう
【宗像大社・辺津宮】
式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。祭祀の国宝を多数有し、裏伊勢とも称される。
「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称であるが、現在では辺津宮のみを指す場合も多い。地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、さらに49km離れた沖津宮を線で結ぶと、その直線は145km離れた朝鮮半島釜山の方向に向かう。古代から半島と大陸の政治、経済、文化の海上路であった。古くから海上・交通安全の神としての神威にちなみ、信仰されているが、現在では海上に限らず、陸上・交通安全の神として信仰を集めている。そのため、福岡県内では宗像大社のステッカーを貼った自動車が多数見受けられるほか、新車を購入した際に御祓いを受ける人も非常に多い。また、車に装着する交通安全のお守りは宗像大社が発祥である。


*所在地
福岡県宗像市田島2331


*御祭神
むなかたさんじょじん(むなかたさんしん)
◎宗像三女神(宗像三神)
おきつぐう
<沖津宮>
たごりひめのかみ
・長女神:田心姫神
なかつぐう
<中津宮>
たぎつひめのかみ
・次女神:湍津姫神
へつぐう
<辺津宮>
いちきしまひめのかみ=べんざいてん
・末女神:市杵島姫神=弁才天


*御由緒
ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にありました。 日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との神勅(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。

みちぬしのむち
◆道主貴
宗像大社は、またのお名前を「道主貴」と申し上げます。 「貴(むち)」とは最も高貴な神に贈られる尊称で、「日本書紀」には宗像三女神が「道主貴」、すなわち国民のあらゆる道をお導きになる最も尊い神として崇敬を受けたことが記されています。 道主貴以外には、伊勢神宮の大日靈貴(おおひるめのむち)=天照大神、出雲大社の大己貴(おおなむち)=大国主命のみですので、宗像三女神が皇室をはじめ、人々からいかに篤い崇敬を受けていたかがうかがえます。

公式ホームページ


267802111216.jpg

267802111222.jpg


たかみやさいじょう
【高宮祭場】
宗像三女神の降臨地と伝えられています。
沖ノ島と並び我が国の祈りの原形を今に伝える全国でも数少ない古代祭場です。

267802111225.jpg

267802111235.jpg

267802111240.jpg


スポンサーサイト
Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

宗像大社

2017.02.19 Sun
むなかたたいしゃ・へつぐう
【宗像大社・辺津宮】
式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。祭祀の国宝を多数有し、裏伊勢とも称される。
「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称であるが、現在では辺津宮のみを指す場合も多い。地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、さらに49km離れた沖津宮を線で結ぶと、その直線は145km離れた朝鮮半島釜山の方向に向かう。古代から半島と大陸の政治、経済、文化の海上路であった。古くから海上・交通安全の神としての神威にちなみ、信仰されているが、現在では海上に限らず、陸上・交通安全の神として信仰を集めている。そのため、福岡県内では宗像大社のステッカーを貼った自動車が多数見受けられるほか、新車を購入した際に御祓いを受ける人も非常に多い。また、車に装着する交通安全のお守りは宗像大社が発祥である。


*所在地
福岡県宗像市田島2331


*御祭神
むなかたさんじょじん(むなかたさんしん)
◎宗像三女神(宗像三神)
おきつぐう
<沖津宮>
たごりひめのかみ
・長女神:田心姫神
なかつぐう
<中津宮>
たぎつひめのかみ
・次女神:湍津姫神
へつぐう
<辺津宮>
いちきしまひめのかみ=べんざいてん
・末女神:市杵島姫神=弁才天


*御由緒
ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にありました。 日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との神勅(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。

みちぬしのむち
◆道主貴
宗像大社は、またのお名前を「道主貴」と申し上げます。 「貴(むち)」とは最も高貴な神に贈られる尊称で、「日本書紀」には宗像三女神が「道主貴」、すなわち国民のあらゆる道をお導きになる最も尊い神として崇敬を受けたことが記されています。 道主貴以外には、伊勢神宮の大日靈貴(おおひるめのむち)=天照大神、出雲大社の大己貴(おおなむち)=大国主命のみですので、宗像三女神が皇室をはじめ、人々からいかに篤い崇敬を受けていたかがうかがえます。

公式ホームページ


267702191441.jpg

267702191447.jpg

267702191448.jpg

267702191449.jpg


たかみやさいじょう
【高宮祭場】
宗像三女神の降臨地と伝えられています。
沖ノ島と並び我が国の祈りの原形を今に伝える全国でも数少ない古代祭場です。

267702191452.jpg

267702191455.jpg

267702191500.jpg

267702191501.jpg

267702191503.jpg


ていにぐう・ていさんぐう
【第二宮・第三宮】
第二宮に沖津宮の田心姫神を、第三宮に中津宮の湍津姫神をお祀りしています。伊勢神宮の第60回式年遷宮(昭和48年)に際し、特別に下賜された別宮の古殿を移築再建したものです。

267702191510.jpg

267702191511.jpg

267702191514.jpg

267702191515.jpg


Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

宗像大社

2016.02.11 Thu
むなかたたいしゃ・へつぐう
【宗像大社・辺津宮】
式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。祭祀の国宝を多数有し、裏伊勢とも称される。
「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称であるが、現在では辺津宮のみを指す場合も多い。地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、さらに49km離れた沖津宮を線で結ぶと、その直線は145km離れた朝鮮半島釜山の方向に向かう。古代から半島と大陸の政治、経済、文化の海上路であった。古くから海上・交通安全の神としての神威にちなみ、信仰されているが、現在では海上に限らず、陸上・交通安全の神として信仰を集めている。そのため、福岡県内では宗像大社のステッカーを貼った自動車が多数見受けられるほか、新車を購入した際に御祓いを受ける人も非常に多い。また、車に装着する交通安全のお守りは宗像大社が発祥である。

*所在地
福岡県宗像市田島2331

*御祭神
むなかたさんじょじん(むなかたさんしん)
◎宗像三女神(宗像三神)
おきつぐう
<沖津宮>
たごりひめのかみ
・長女神:田心姫神
なかつぐう
<中津宮>
たぎつひめのかみ
・次女神:湍津姫神
へつぐう
<辺津宮>
いちきしまひめのかみ=べんざいてん
・末女神:市杵島姫神=弁才天

*御由緒
ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にありました。 日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との神勅(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。

みちぬしのむち
◆道主貴
宗像大社は、またのお名前を「道主貴」と申し上げます。 「貴(むち)」とは最も高貴な神に贈られる尊称で、「日本書紀」には宗像三女神が「道主貴」、すなわち国民のあらゆる道をお導きになる最も尊い神として崇敬を受けたことが記されています。 道主貴以外には、伊勢神宮の大日靈貴(おおひるめのむち)=天照大神、出雲大社の大己貴(おおなむち)=大国主命のみですので、宗像三女神が皇室をはじめ、人々からいかに篤い崇敬を受けていたかがうかがえます。

公式ホームページ

267602111457.jpg

267602111503.jpg

267602111504.jpg

267602111505.jpg

267602111506.jpg


しんぽうかん
【神宝館】
◆国宝8万点を収蔵展示
古代から連綿と息づく宗像三女神への信仰と、その神を奉斎してきた宗像一族の輝かしい歴史を紐解く、数多くの貴重な神宝や文化財を収蔵、展示しています。

267602111510.jpg

267602111511.jpg

267602111553.jpg


267602111618.jpg

Theme:神社 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

宗像大社

2013.11.23 Sat
宗像大社/辺津宮

式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。
全国の弁天様の総本宮ともいえる。
裏伊勢と称される。

★所在地
福岡県宗像市田島2331

★御祭神
天照大神の三柱の御子神をおまつりしています。三女神のお名前は 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)と申し上げ、田心姫神は 沖津宮(おきつぐう)、湍津姫神は 中津宮(なかつぐう)、市杵島姫神は 辺津宮 (へつぐう)におまつりされており、この三宮を総称して「宗像大社」と申します。

★御由緒
日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との 神勅(しんちょく)(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。

公式ホームページ

201311230905.jpg


201311230911.jpg


201311230912.jpg


201311230913.jpg


201311230914.jpg


201311230915.jpg


201311230916.jpg


201311230917.jpg


201311230918.jpg


201311230919.jpg


201311230920.jpg

<本殿及び拝殿保存修理工事、平成25年8月19日~平成26年12月5日>
201311230921.jpg


201311230931.jpg

★福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品 一括(国宝)
玄界灘に浮かぶ絶海の孤島・沖ノ島の20数箇所の祭祀遺跡から発掘された一括遺物。1954年から1971年に至る第1次~第3次の発掘調査で出土したもので、時代的には古墳時代から平安時代(4世紀~10世紀)にわたる。中国・朝鮮半島製品を含む、各種の銅鏡、金銅(銅に金メッキ)製の馬具類のほか、土師器、三彩陶器、滑石製品、玉類、刀剣類などが出土品の主なものである。出土品中にはペルシャ・サーサーン朝製と見られるガラス椀の破片などもある。考古学、美術史、宗教史、古代史など、さまざまな分野の研究に資するところの多い、学術的にきわめて貴重な資料である。3次にわたる発掘調査の結果は『沖ノ島』『続沖ノ島』『宗像沖ノ島』という報告書の形で刊行されている。これら出土品は宗像大社の神宝館で公開されている。1962年に第1次・第2次発掘調査出土品が国宝に指定され、2003年には第3次発掘調査出土品が追加指定されている。

★宗像・沖ノ島と関連遺産群
ユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ追加掲載が決まった福岡県宗像市及び福津市内にある宗像大社信仰と同社大宮司家宗像氏にまつわる史跡、文化財の総称。自然崇拝を元とする固有の信仰・祭祀が4世紀以来現代まで継承されている点などが評価されている。


Theme:旅日記 | Genre:旅行 |
Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

宗像大社

2013.04.28 Sun
★所在地
福岡県宗像市田島2331

公式ホームページ

201304281305.jpg

201304281313.jpg

201304281314.jpg

201304281317.jpg

201304281319.jpg

201304281320.jpg

201304281321.jpg

201304281324.jpg

201304281326.jpg


Theme:神社仏閣 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。