RSS|archives|admin

両子寺

2015.07.01 Wed
ふたごじ
【両子寺】
山門に続く石段の両脇には、江戸後期の作とされる国東半島最大級(総高245cm、像高230cm)の石造の金剛力士(仁王)像が立っている。境内は瀬戸内海国立公園内に位置し、その森は森林浴の森100選にも選定されている。紅葉の名所、子授けの寺としても有名である。

*所在地
大分県国東市安岐町両子1548

*山号
足曳山

*宗旨
天台宗

*御本尊
あみだにょらい
・阿弥陀如来

*御縁起
国東半島のほぼ中央に聳える両子山(721m)から放射状にくにさきの谷々は海岸へと広がり、約28谷を六つの里に分け、六郷と称し、この地に開かれた天台宗寺院全体を総称しして六郷満山と呼び、奈良、平安・鎌倉の昔より、宇佐八幡の庇護と影響の下に神仏習合の独特の寺院集団と信仰が形成され、往時には半島一帯に185の寺院、洞窟、僧坊、を含めて約八百の大小の堂、また、石仏・石塔が、点在し、ほとけの里といわれる六郷満山仏教文化圏が開かれてきました。
爾来約1300年間の星霜、寺院の栄枯盛衰があれども、人々の素朴な信仰は連綿として今日まで継承され、仏像・野の石仏、石造物、諸民俗的伝承行事、そして恵まれた自然の環境の中にいにしえの素朴な息吹を感じることができます。そしてほとんどの寺院の開基は仁聞菩薩、養老2年(718)開創以来やがて1300年の節目を迎えんとしています。

公式ホームページ

201507011430.jpg

201507011431.jpg

201507011434.jpg

201507011440.jpg

201507011441.jpg

201507011442.jpg

201507011500.jpg

201507011501.jpg

201507011502.jpg

201507011503.jpg

201507011506.jpg


Theme:仏教・佛教 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:国東市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |