FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

宗像大社

2013.11.23 Sat
宗像大社/辺津宮

式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。
全国の弁天様の総本宮ともいえる。
裏伊勢と称される。

★所在地
福岡県宗像市田島2331

★御祭神
天照大神の三柱の御子神をおまつりしています。三女神のお名前は 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)と申し上げ、田心姫神は 沖津宮(おきつぐう)、湍津姫神は 中津宮(なかつぐう)、市杵島姫神は 辺津宮 (へつぐう)におまつりされており、この三宮を総称して「宗像大社」と申します。

★御由緒
日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との 神勅(しんちょく)(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。

公式ホームページ

201311230905.jpg


201311230911.jpg


201311230912.jpg


201311230913.jpg


201311230914.jpg


201311230915.jpg


201311230916.jpg


201311230917.jpg


201311230918.jpg


201311230919.jpg


201311230920.jpg

<本殿及び拝殿保存修理工事、平成25年8月19日~平成26年12月5日>
201311230921.jpg


201311230931.jpg

★福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品 一括(国宝)
玄界灘に浮かぶ絶海の孤島・沖ノ島の20数箇所の祭祀遺跡から発掘された一括遺物。1954年から1971年に至る第1次~第3次の発掘調査で出土したもので、時代的には古墳時代から平安時代(4世紀~10世紀)にわたる。中国・朝鮮半島製品を含む、各種の銅鏡、金銅(銅に金メッキ)製の馬具類のほか、土師器、三彩陶器、滑石製品、玉類、刀剣類などが出土品の主なものである。出土品中にはペルシャ・サーサーン朝製と見られるガラス椀の破片などもある。考古学、美術史、宗教史、古代史など、さまざまな分野の研究に資するところの多い、学術的にきわめて貴重な資料である。3次にわたる発掘調査の結果は『沖ノ島』『続沖ノ島』『宗像沖ノ島』という報告書の形で刊行されている。これら出土品は宗像大社の神宝館で公開されている。1962年に第1次・第2次発掘調査出土品が国宝に指定され、2003年には第3次発掘調査出土品が追加指定されている。

★宗像・沖ノ島と関連遺産群
ユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ追加掲載が決まった福岡県宗像市及び福津市内にある宗像大社信仰と同社大宮司家宗像氏にまつわる史跡、文化財の総称。自然崇拝を元とする固有の信仰・祭祀が4世紀以来現代まで継承されている点などが評価されている。


Theme:旅日記 | Genre:旅行 |
Category:宗像市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<田手神社 | HOME | 縫殿宮>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/251-935a5e90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。