RSS|archives|admin

梅林古墳

2016.06.20 Mon
うめばやしこふん
【梅林古墳】
油山の丘陵尾根に5世紀後半に造られた前方後円墳である。昭和63年(1988)、市営団地建て替えに先だって発掘調査を実施した。墳丘両端と東側部分が削平されていたが、墳長約27m、後円部径約15m、前方部幅15mに復元できる。墳丘は二段築成で、葺石や埴輪はない。内部主体は平面羽子板形の横穴式石室で、後円部中央に設ける。須恵器、土師器などの他に鉄斧、鉄刀子、鞍金具、ガラス製管玉などを副葬していた。石室の形態などに古い様相をもちつつも、くびれ部方向に開口し、須恵器の副葬などの新しい葬送儀礼を取り入れるなど、後期古墳の要素を兼ね備える古墳といえる。小型の前方後円墳であるが、早良平野の古墳時代を考える上できわめて重要である。現在、墳丘を復元して保存、公園として公開されている。

*所在地
福岡県福岡市城南区梅林五丁目234-1

267606201204.jpg

267606201205.jpg

267606201206.jpg

267606201208.jpg

267606201209.png


Category:福岡市城南区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<櫻井神社 | HOME | 警固神社>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/514-2c2c9ec1