FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

可愛山陵

2016.08.21 Sun
神代三山陵

えのやまのみささぎ
【可愛山陵】
ニニギの陵。高屋山上陵、吾平山上陵とともに神代三山陵の一つ。明治政府により明治7年、新田神社境内の神亀山を「可愛山陵」と治定した。ただし、明治29年にも「北川陵墓参考地(可愛山陵伝承地)」、「男狭穂塚陵墓参考地(可愛山陵参考地)」を定めている。可愛山陵である新田神社では、神亀山の5分の4が御陵の領域となっている。


*所在地
鹿児島県薩摩川内市宮内町{神亀山(高さ70m)の山頂に位置する新田神社に隣接}


*御祭神
あまつひだかひこににぎのみこと
・天津日高彦火瓊瓊杵尊(ニニギ=天照大御神の孫=神武天皇の曽祖父)


*御由緒
『日本書紀』や『延喜式』に記録があるが、この陵は延喜式よりも前に中央の官掌を離れて、その所在を単に「在日向国」、また「無陵戸」と表されていた。しかしその祭祀は重んじられ、神代三陵のために山城国葛野郡田邑陵の南の原に方1町の地を画して遙拝所に当てられたことがある。その所在は江戸時代末以来諸説紛々としたが、明治7年7月10日、他の日向三代の神の陵とともに勅定があり、大いに修治された。新田神社の可愛山陵は大正3年に宮内省直轄となった。
現在は宮内庁書陵部桃山監区可愛部事務所が置かれ、内閣府事務官が陵墓守部として管理されている。御陵と神社が一体となっているのは全国でも珍しい形態である。大正9年3月30日には皇太子が御参拝、昭和37年には皇太子及び皇太子妃が御参拝遊ばされるなど、皇族の御参拝は9回にも及んでいる。


267608211411.jpg

267608211413.jpg

267608211414.jpg

267608211415.jpg

267608211419.jpg

267608211420.jpg

267608211421.jpg

267608211422.jpg

267608211423.jpg

267608211424.jpg

267608211426.jpg


Category:薩摩川内市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<新田神社 | HOME | 高屋山上陵>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/529-41702c6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。