FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

新田神社

2016.08.21 Sun
にったじんじゃ、にいたじんじゃ
【新田神社】
薩摩国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。かつては八幡五所別宮の一つとして八幡神を祀っていた為、別に「新田八幡宮」、「八幡新田宮」、「川内八幡宮」、「一宮八幡」、「新田明神」等とも呼ばれる。


*所在地
鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2


*御祭神
あまつひだかひこににぎのみこと
・天津日高彦火邇邇杵尊
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと
・正哉吾勝々速日天忍穂耳尊

江戸時代までは応神天皇、神功皇后、武内宿禰の八幡三神を祀っていた。


*御由緒
社伝によると「ニニギノミコトの墓を祀ったのが創始」とされるが、新田神社のことを書いた最も古い史料は永万元年(西暦1165)のもので、これには「貞観のころに再興」とあり、また「藤原純友の乱のときに国家鎮護を祈願し5か所建てた八幡宮の一つ」とする史料もある。『延喜式』に全く名前が見えないことから見て、当初の地位はかなり低いものだったと考えられている。
文治年間(西暦1185-1190)、新田神社筆頭職の執印職に守護島津氏と祖を同じとする鹿児島郡司の惟宗康友が就き、康友の子孫が執印氏を名乗り{元弘3年(西暦1333)に後醍醐天皇が新田宮執印職の当知行を安堵}明治に至るまで、代々俗体で世襲することになる。
蒙古襲来(元寇)で、鎌倉幕府は各国の一宮と国分寺に蒙古調伏の祈祷を命じ、各国の守護に一宮への剣、神馬の奉納を命じた。薩摩国では枚聞神社と新田神社の間で一宮相論が起こっていたため、島津氏(忠宗)は、一宮の決定とは無関係としながらも 剣、神馬を新田神社(同族の執印氏側)に奉納する。これは事実上一宮は新田神社と認める行為で、一宮相論は決着し、古来から一宮であった枚聞神社から新田神社へと一宮が移ることになるが、最終決定がされておらず、薩摩国に一宮が二つ存在することになる。また、国分寺留守職、天満宮別当職に執印氏の分流の国分氏が就き、新田神社は薩摩国国分寺とも深い繋がりを持つ事になる。武神である八幡神を祀っていたことから、当地を支配していた島津氏に尊崇を受け、暦応4年(西暦1341)年記のある『島津家文書』に依ればこの新田神社が「薩摩国一宮」として挙げられている。
近代社格制度においては、当初無格社であったが明治18年に枚聞神社より上の国幣中社に列した。


267608211427.jpg

267608211428.jpg

267608211429.jpg

267608211430.jpg

267608211431.jpg

267608211432.jpg

267608211433.jpg

267608211434.jpg

国民の手でつくろう
美しい日本の憲法

267608211436.jpg


Category:薩摩川内市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<天皇は国民の幸せと安寧を祈る祭祀王 | HOME | 可愛山陵>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/530-cd11f43d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。