FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

小戸公園

2016.12.29 Thu
おどこうえん
【小戸公園】
小戸公園は健全な活動や利用に寄与するため、一部で国有地の無償貸し付けにより設置された施設です。春には桜が咲き乱れ、夏はバーベキュー、秋は行楽など、そして冬には小戸の風情を満喫できます。

*所在地
福岡県福岡市西区小戸2丁目6-1

公式ホームページ

267612291201.jpeg


おどだいじんぐう
【小戸大神宮】
小戸公園の中ほどにある神社。日本書紀や古事記に記されている『筑紫の日向の橘の小戸のアワギ原』の「小戸」とは福岡市西区の小戸であるとの説があり、伝説ではイザナギ尊が「御禊祓」をしたところで、住吉三神、志賀三神、警固三神をはじめとしたたくさんの神々や、天照皇大神、月読命、素戔鳴命などの三貴神が誕生した聖地とも言い伝えられる。神功皇后の伝説にまつわる「安産石」、「鎧掛けの松」、「お膳立て」、「元寇防塁」、幕末に築かれた「砲台跡」などもある。

*御祭神
あまてらすおおみかみ
・天照皇大神
たぢからおのみこと
・手力雄命
たくはたちぢひめのみこと
・拷幡千々姫命

*御由緒
昔は形ばかりの小祠でしたが、海中から引き揚げられた銅矛二本が神宝とされ、享保10年(1725)に筑前福岡藩6代藩主黒田継高公が社殿を建立し、伊勢神宮の古例にならい20年ごとに新旧両殿交互に改築遷座が行われていた。木製の剣や戈を奉納すると瘧(熱病)がなおり、神功皇后の休憩安産石の由緒により安産祈願や痙攣の病に霊験があるとされている。

267612291204.jpeg

267612291205.jpeg

267612291206.jpeg

267612291207.jpeg

267612291208.jpeg

267612291209.jpeg

267612291210.jpeg

267612291211.jpeg


267612291216.jpeg


おどみょうけんじんじゃ
【小戸妙見神社】
小戸の西を妙見崎という 則妙現の社あり この地 平らなる岩なり(筑前国続風土記巻二十)
小戸の西の山を妙見山という 山上に石祠あり(筑前国続風土記巻四十三)

*御祭神
ほくしんみょうじん(あめのみなかぬしのかみ)
・北辰明神(天之御中主神)
ほくしんみょうけんぼさつ
・北辰妙見菩薩
せいりゅうおうのかみ
・青龍王神

*御由緒
今を去る千数百年前、奈良、平安にかけ庶民の間に親しまれ、全国的に熱烈な信仰を記録したのが妙見信仰である。しかし、時の流れに衰微し、往時を偲ぶよすがもなく、数年前まで御名を残すだけのありようであった。さて、この聖地にあって、平成15年より十数年前、或る人の夢枕に龍神が瑞験し、霊告により導かれ、地中に埋没していた現社殿の屋根である古石を掘り出したのが発端である。しかし、事情あって、地面に放置されたままであったのが、平成14年の1月、心ある人々の手によって再建され、更に平成15年4月の改築となり、現在、妙見神社として御鎮座なさっている次第であります。

267612291219.jpeg

267612291220.jpeg

267612291221.jpeg

267612291222.jpeg

267612291223.jpeg

267612291231.jpeg


のこのしま
・能古島
267612291225.jpeg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<姪浜住吉神社 | HOME | 天長節>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/562-1fb1f9c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。