FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

飯盛神社

2017.02.25 Sat
いいもりじんじゃ
【飯盛神社】
人生すべて良縁を祈る
むすびの神


*所在地
福岡県福岡市西区大字飯盛609


*御祭神
※東王子社
あまてらすおおみかみ
・天照皇大御神
※左神
たまよりひめのみこと
・玉依比売命
※主神
いざなみのみこと
・伊弉册尊
※右神
ほむだわけのみこと=おうじんてのう
・品陀和気命=応神天皇
※西王子社
つくよみのみこと
・月夜見尊


*御由緒
「天孫降臨の時、天之太玉命、この地を定めて伊弉册大神、外、二神を祭り、国土開発むすびを給う。神功皇后、三韓を平伏し凱旋の折、当宮の伊弉册大神と相対し、若杉山に伊弉諾大神を斎き給ふ。文徳天皇の霊夢に依り、清和天皇が貞観元年(西暦八五九)七月三日、御託宣、勅使として和気清友、下向し、飯盛山山頂に上宮を建て、伊弉册尊を祀り、中宮を建て、五十猛命を祀り、下宮を今の地にて祀る」と、下宮の神社脇の石碑にある。飯盛山を御神体として、上宮、中宮、下宮の三所が祭られていた。その起源は不明であるが、上宮跡である山頂からは永久二年(西暦一一一四)の銘を持つ瓦経が発見されており、古代にさかのぼる可能性は高い。飯盛神社は早良郡の一宮であったと考えられ、鎌倉時代には73町余りの社領を持っていたが、戦国時代の頃になると衰退し、社領も18町余りに減少し、その信仰圏・宗教的勢力圏も飯盛神社を中心とした早良平野中央部分に限定されている。本殿(市指定)は天明六年(西暦一七八六)建立。南北朝時代の宋風の石造狛犬(県指定)、飯盛神社文書(市指定)が蔵される。また、その年の豊凶を占うかゆ占は県指定の無形民俗文化財。十月九日には市指定の無形民俗文化財である流鏑馬が行われる。

公式ホームページ


267702251419.jpg

267702251422.jpg


Category:福岡市西区 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<光雲神社 | HOME | 宗像大社>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/575-5b5eec5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。