RSS|archives|admin

宇奈岐日女神社

2017.08.11 Fri
うなぎひめじんじゃ
【宇奈岐日女神社】
「六所宮」とも呼ばれるほか、「木綿神社(ゆふ神社)」「木綿山神社(ゆふさん神社)」の通称もある。『延喜式神名帳』には「豊後国速見郡 宇奈岐日女神社」と記載され、式内社に列している。

*所在地
大分県由布市湯布院町川上2220

*御祭神
くにとこたちのみこと
・国常立尊
くにさつちのみこと
・国狭槌尊
ひこほほでみのみこと
・彦火火出見尊
ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと
・彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊
かむやまといわれひこのみこと(初代神武天皇)
・神倭磐余彦尊
かむぬなかわみみのみこと(第2代綏靖天皇)
・神渟名川耳尊

*御由緒
社伝によれば、創祀は景行天皇12年10月であるという。『神社明細帳』では、景行天皇が征西のおりに当地で祭を営んだといい、同天皇3年に速津姫が勅を奉じて創祀したという伝承を伝える。当社は由布岳の南西山麓に鎮座している。『太宰管内志』では「木綿山にます神なので木綿ノ神社ともいう」という記述があるほか、『豊後国志』でも宇奈岐日女神は由布山神であると記されており、元々は由布岳を神体山として成立した神社であると見られている。一方、由布院盆地が古くは湖であったという伝承に基づき、ウナギ(鰻)を精霊として祀ったことに始まって、のちに由布岳の神と習合したという推測もある。

267708111443.jpg

267708111449.jpg

267708111502.jpg

267708111505.jpg

267708111506.jpg

267708111507.jpg


Category:由布市 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<福岡縣護國神社 | HOME | 櫛田神社>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/583-396f8310