RSS|archives|admin

住吉神社

2017.12.01 Fri
すみよしじんじゃ
【住吉神社】
式内社(名神大社)、筑前國一之宮。旧社格は官幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。大阪の住吉大社・下関の住吉神社とともに「三大住吉」の1つに数えられるほか、日本全国に2129社ある住吉三神を祀る神社の中で最も古い神社であるとされ、古書には「住吉本社」「日本第一住吉宮」などと記されている。ただし、現在の全国の住吉神社の総本社は大阪の住吉大社である。


*所在地
福岡県福岡市博多区住吉3-1-51


*御祭神
<主祭神>
すみよしさんじん
◎住吉三神
そこつつのおのかみ
・底筒男命
なかつつのおのかみ
・中筒男命
うわつつのおのかみ
・表筒男命
<配祀神>
あまてらすすめおおかみ
・天照皇大神
じんぐうこうごう
・神功皇后


*御由緒
創建年代は不詳であるが、神社の縁起では、日本神話の神産みの段、黄泉から帰還した伊弉諾尊が禊祓を行った「筑紫の日向の橘の小戸の阿波伎原」が住吉神社の地であるとし、その禊祓で住吉三神などが生まれたので当社が住吉神社の始源であるとしている。国史では、『続日本紀』の天平9年(737)4月1日条に筑紫住吉などに使いを遣わしたとあるのが初出である。古代の博多湾は住吉神社の前まで海が入り込んでおり、かつての社殿は海に向かって建てられていた。『延喜式神名帳』では「筑前国那珂郡 住吉神社三座 並名神大」と記載され、名神大社に列している。現在の本殿は黒田長政が元和9年(1623)に再建したもので、国の重要文化財に指定されている。
住吉神社の御神徳は、ミソギハラヘの御出現の由来から、「心身の清浄」を以てすべての災から身を護る神として古より広く信仰されています。また、つつのお(筒男)の「つつ」には星の意味があると云われ、航海・海上の守護神としても厚い崇敬があります。

公式ホームページ


267712011139.jpg

267712011141.jpg

267712011151.jpg


Category:福岡市博多区 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<姪浜住吉神社 | HOME | 鷲尾愛宕神社>>

no subject

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
- | さくら | URL | 2017.12.01(Fri) 18:52:22 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://jinjabukkaku.blog.fc2.com/tb.php/591-3fb4e5f5